000

見る

蔵前》黄金色の『蔵前橋(くらまえばし)』、昔「富士見の渡し」。ここは「いき」と「通(つう)」、江戸商人発展の地。

2014/12/02  

都営浅草線 蔵前駅のA1出入口を出て「江戸通り」を南下し、交差する「蔵前橋通り」を東へ歩いて行くと「蔵前橋(くらまえばし)」に到着です。

001_IMG_2009
「富士見の渡し」のレリーフがお出迎え。
蔵前橋が完成するまでは、この蔵前あたりには「富士見の渡し」と言われる渡し舟が隅田川を渡っていました。富士山が良く見えたそうです。このレリーフのように、花柳界の芸子さんたちも渡し舟に乗ったのでしょう。

002_IMG_2164
この界隈には江戸時代、幕府の米蔵があり、その「蔵の前の地」ということから「蔵前(くらまえ)」という地名になりました。全盛時には、数十棟の蔵が建ち並び、関東各地から船で米が運ばれ集積されていました。なのでこの橋も「蔵前橋(くらまえばし)」とういう名になりました。

006_IMG_2119
橋の欄干のレリーフにも「富士見の渡し」があります。

007_IMG_2126
そして「力士(りきし)」です。蔵前橋を渡れば、そう遠くない所に「両国国技館(りょうごくこくぎかん)」があります。

階段を下ると「隅田川テラス」という遊歩道があり、橋をくぐる事ができます。
003_IMG_1987
現在の橋は、関東大震災後の復興計画の一環として、1927年(昭和2年)に完成しました。当時としては斬新なアーチ橋で注目を集めたそうです。今は「東京都選定歴史的建造物」に指定されています。

005_IMG_9123
何本ものアーチが綺麗に並び、橋を支えています。アーチ間の梁が見える状態で、とても美しい構造を目にすることが出来ます。

004_IMG_2040
橋長173m、幅員25m、橋の形式は3連独立の上路式アーチ橋です。路面上のアーチではなく、下側のアーチで橋を支えています。「蔵前橋(くらまえばし)」と言えば「米」ということで、稲穂の金色にちなんで黄色に塗られました。ここ蔵前の地には、「札差(ふださし)」と呼ばれる、幕府から旗本、御家人に支給される、米の仲介を商いにしていた者たちをはじめ、江戸商人が発展してきた場所です。

橋の蔵前側には「首尾の松」という石碑と松の木があります。
008_r
江戸時代初期、隅田川が氾濫した際に、三代将軍 徳川家光の側近、阿部忠秋がこの場所から対岸までを馬で渡ったという古事にちなんでいます。

009_r
この松は1962年(昭和37年)に植樹されました。

昭和に建造された「蔵前橋」の造作にも、
「いき」や「通(つう)」を感じます。
それは、江戸の美的感覚です。

蔵前橋(くらまえばし)
住所〒111-0051 東京都台東区蔵前2丁目1
駅・アクセス都営浅草線 蔵前駅 徒歩3分


  1. このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »