002_r

食べる

秋葉原》アキバで味わえる、「天バラ」って!?大正七年創業の老舗料亭の味を引き継ぐ「天ぷら ひさご」で大好評のペアセットの中身とは。

2015/03/20  

秋葉原駅電気街口を右側に出て、広場にあるエスカレーターを昇り、正面に見える大きなビル秋葉原UDXのレストランフロア「AKIBA ICHI(アキバ・イチ)」の3Fにある「天ぷら ひさご 秋葉原店」で、江戸前天ぷらをいただきます。
001_r
1918年(大正7年)平河町で創業の老舗料亭「ひさご本店」の味と伝統を引き継ぐ天ぷら屋さんです。

ひさごとは、「瓢箪(ひょうたん)」のこと。その名の通り、ひょうたんが目印です。
002_r
のれんをくぐると、左側にカウンター席、右側にテーブル席、奥にはテーブル席の個室ですが、揚げたてあっつあつをいただくなら、カウンター席がおすすめです。

003_r
老舗の天ぷら屋さんというと、お料理の注文など、ちょっと緊張してしまいそうですが、メニューを見て、ほっとします。とても優しい感じ。

初めての注文でおすすめなメニューは「ペアセット(二人前)」。メニューの内容は、季節の一品料理、天ぷら(海老2点、鱚(きす)、野菜3点、魚介1点)、かき揚げ(ミニ天丼、または、天バラ)、サラダ、赤出し、香の物、デザート、ワンドリンクサービス。

とても価格もリーズナブルで、内容も充実しているメニューです。
022_r
早速、ペアセットを注文し、サービスのドリンクをメニューの中から選びます。

二人でお邪魔したので、生ビールと冷酒をそれぞれお願いします。
024_r
くーっ。キンキンに冷えた生ビール、カラッと揚がった天ぷらにもぴったり。

023_r
外国の方にも人気の“Sake”。キリッとした飲みやすい冷酒なので、あまり日本酒を飲まれない方にもおすすめ。

004_r
季節の一品の登場、この日は、おひたし(舞茸、ほうれん草、水菜、人参、食用菊)です。冷たいお出汁でさっぱりといただきます。

005_r
続いて、サラダ。キャベツが茹でてあります。この一手間で全然印象が違います。

028_r
ひさごの天ぷらは、もちろん揚げ油にもこだわっています。箸袋の裏にも書かれていましたが、三重県で120年続いた胡麻メーカー謹製の特注品だそう。

そして、いよいよ、天ぷらの登場です。
職人さんが目の前で揚げてるので、本当に熱々です。
やけどに注意!!!
006_r
まずは、海老2点。見るからに、からっと揚がって、今にも飛び跳ねそう!?

007_r
何をつけていただくか…。
なるべくシンプルに、海老の味をダイレクトに感じたい…。

まずは、こだわりのお塩でいただくことにします。
ぷりっぷりの海老が美味しいっ。
008_r
この塩は、伊豆大島のやきしお。ミネラルが豊富で甘みのある塩で、素材の味が引き立ちます。

009_r
続いて、季節の野菜。この日は、旬の野菜「菜の花(なのはな)」。
一口は、お塩で、もう一口は、天つゆでいただきます。

010_r
まろやかな味の天つゆ。主張しすぎず、こちらも素材の味を引き立てますね。

011_r
魚介「いか」です。
噛み切れないなんてことは全くない、柔らかい「いか」ですよ。
こんなに柔らかいなんてと、感動。

012_r
舞茸は、カリッとじゅわ~っと。あっつあつで美味しいっ。

013_r
江戸前天ぷらの王道「鱚(きす)」の登場です。
見るからに、新鮮さが分かりますね。
からっと揚がっているのに、ふっくらしている、この感じ。さすが、職人技です。

014_r
見てください。このふっくらした身の部分。
淡白な白身に見せかけて、深い味わいです。

015_r
丸十(まるじゅう)、さつまいもです。
丸十とは、○に十の薩摩藩の家紋に由来します。

ペアセットの天ぷらは、ここまでです。
このまま、〆のごはんにするか、天ぷらを追加するか聞かれます。

せっかくなので、それぞれ気になる天ぷらを一品ずつ追加することにしましたが、この時点で、けっこう、お腹いっぱいになりつつあります。

016_r
茄子(なす)。
これは、絶対間違いなく、熱いです。あっつあつです。
カリッとジューシーな茄子は、甘みを感じます。

017_r
もう一つは、蓮根(れんこん)。
れんこんやジャガイモには、カレー塩もおすすめです。

018_r
カレー塩は、ちょっと癖になる味。

〆のご飯の時間が来ました。
この時点で、お腹も満足に感じています。

かき揚げとご飯をどういただくか、選ぶことができます。
甘辛いたれで仕上げる「天丼(てんどん)」か、かき揚げをご飯と混ぜた「天バラ」。
迷うところです。
020_r
海老と三ッ葉のかき揚げ天丼。どう見ても間違いない味が想像できそうですが、
本当に美味しいっ。

019_r
そして、こちらは、山葵(わさび)が添えられた「天バラ(天ばら)」。
「天バラ」は、ばらしたかき揚げ、塩、ご飯を合わせた、混ぜご飯。塩味でシンプルなようですが、ごま油の香りとわさびのアクセントで、すごいハーモニー。シンプルだからこそ、素材の味が活きます。

最後は、デザート。
021_r
とっても爽やかなフローズンヨーグルト

英語のメニューも充実していました。
025_r
外国人でなくても気になりそうな「天ぷらの食べ方」解説、その名も“How to eat Tempura”。英語で説明し、最後には、“your own way and enjoy.”。天ぷらを知って、楽しんで味わって欲しいという気持ちを感じます。
“Our recommend!!” お店のおすすめは、魚介類はレモンを絞って、塩で。野菜は、大根おろしと天つゆだそうです。

天ぷらの由来も簡単に説明しているようです。

026_r
このメニューイメージもなかなかです。
丼や定食、単品にコースなど、確かに文字だけでは、伝わりづらいですが、
写真付きの解説、心がこもっています。

027_r
老舗のおもてなしも感じつつ、
肩肘張らずにいただける伝統の江戸前天ぷら。
若女将をはじめ、職人さんも、いろいろ教えてくださいます。

コースだけでなく、カウンターで、旬の天ぷらや日本料理を頼んでみるのもおすすめです。

〆のお食事には、是非、「天バラ」を味わってみてください。

天ぷら ひさご 秋葉原店
住所東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDXビル AKIBA_ICHI 3F
駅・アクセスJR秋葉原駅 徒歩2分、東京メトロ銀座線末広町駅 徒歩2分
営業時間月~金
ランチ 11:00~15:00(L.O.14:30)

土・日・祝
11:00~15:00(L.O.15:00)

月~土
ディナー 17:00~23:00(L.O.21:30)


17:00~22:00(L.O.20:30)
(日・連休最終日)
電話番号03-3252-3051


  1. このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »