001_r

見る

本郷三丁目》願掛けパワースポット。合格祈願は「ドラゴン桜」と学問の神、菅原道真(すがわらのみちざね)が宿る『櫻木神社(さくらぎじんじゃ)』で。

2015/07/22  

東京メトロ丸ノ内線 本郷三丁目駅1番出口を出て、右にまがります。2分ほど直進して春日通りに出ると、目の前の横断歩道から「櫻木神社(さくらぎじんじゃ)」が見えます。

002_r
櫻木神社は、室町時代の1469~1487年(文明年間)に、太田道灌(おおたどうかん)が江戸城を築城する際、菅原道真(すがわらのみちざね)を御祭神として、京都北野天満宮(きたのてんまんぐう)から勧請し創建したと伝えられています。

003_r
江戸時代の初期(1600年代)に、2代将軍 徳川秀忠(とくがわひでただ)が江戸城を居城にする際、「桜の馬場(さくらのばば)」へ遷座されました。

「桜の馬場」は、江戸内に多数ある武士の訓練所の1つで、現在のJR御茶ノ水駅の近く「東京医科歯科大学」付近にあったと言われています。

004_r
1690年(元禄3年)、5代将軍 徳川綱吉(とくがわつなよし)が、同所に湯島聖堂(ゆしませいどう)を中心とする昌平坂学問所(しょうへいざかがくもんじょ)を設立するにあたり、現在の地である本郷の「富元山真光寺(ふげんざんしんこうじ)」境内に遷座し、現在にいたります。

その後、1945年(昭和20年)の空襲で、真光寺と共に消失してしまいましたが、櫻木神社は1959年(昭和34年)に再建されました。

005_r
櫻木神社の東側の鳥居には、境内末社として「見送稲荷神社(みおくりいなりじんじゃ)」があります。江戸から追放された人を見送る場所「見送り坂、見返り坂」が近くにあったことから、ここに建てられたそうです。

006_r
江戸時代には、「本郷も、かねやすまでは、江戸のうち」という川柳が詠まれていましたが、雑貨店「かねやす」は櫻木神社のすぐ近くにあります。

この川柳からもわかるとおり、櫻木神社は江戸市中の北限に位置しており、江戸を去る人を見送った想いが「見送稲荷神社」という形として現れたのでしょう。

007_r
櫻木神社という社号の由来は、2つあります。

菅原道真が太宰府に左遷される際に刻んだ「桜の木像」を御神体としているからという説と、最初の遷座地である「桜の馬場」という地名による説です。

008_r
1つ目の「桜の木像」説ですが、桜の木を刻んだと言われている菅原道真には「梅」の印象があります。

そして、社紋が「梅」であることや、社務所内に書かれている「こち吹かば 匂いおこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘るれぞ」という菅原道真の短歌などを見ると、菅原道真から社号に「桜」がつくことに違和感を感じます。

一方で、2つ目の「桜の馬場」説の方は、その歴史を見ると納得できます。

009_r
「桜の馬場」は、周囲に桜の木が植えられ、開花の時期は多くの花見客が訪れたということで、自然にそう呼ばれるようになったそうです。同じように、桜が多い神社や馬場は全国各地にあり、それぞれ「桜の馬場」「櫻木神社」と同じ呼ばれ方をしているところが多数あります。

同時期に遷座してきた江戸総鎮守「神田明神(かんだみょうじん)」が近くということもあり、櫻木神社でのお花見は大変な賑わいだったそうです。本郷に遷座したあとも、祭礼の際は、氏子の山車が三十体以上も町に練りだし、神田や丸の内方面を渡御したといわれています。

現在でも「10か町・2,000戸」を超える氏子がいらっしゃるそうで、小さな神社の規模から見ると大変多いです。昔から庶民に親しまれてきた櫻木神社、その社号は、庶民の親しみから生まれたものだと思います。

010_r
境内では、烏骨鶏(うこっけい)が飼われていました。

烏骨鶏は、指が「前向き3本、後向き2本」という珍しい特長などから、霊鳥とされていました。また、純白で「縁起がいい」と言われ、神使(しんし)である鶏の品種であることから、神社で飼育されることも多いです。

011_r
この烏骨鶏は「ウッコ」という名前です。以前は「ケイ」もいたのですが、ハクビシンに襲われて亡くなってしまいました。

012_r
絵馬には、合格祈願・学業成就に関する内容が多く書かれていました。

御祭神である菅原道真は、学問の神であることが大きな理由だと思います。その他に『櫻木』という社号から「サクラサク」という受験合格を意味する言葉につながること、また、東京大学が近くにあることなども理由だと思われます。

013_r
受験をテーマにした漫画『ドラゴン桜』の20巻では、受験生たちが合格祈願をするシーンが描かれています。また、主人公の「桜木先生」は、この神社の社号が由来になっているそうです。

014_r
文京区本郷三丁目。
「文京(ぶんきょう)」という地名のとおり、江戸時代から文教(ぶんきょう)の地であったこのエリアは、その後、大学や出版社が多く集まり、そして文人たちも居を構えました。

現代でも、文学やその歴史に関する施設などが多くあるので、櫻木神社で合格祈願するだけでなく、文人たちの歴史を辿り学問や文化に触れるなど、リアルに実地学習するのもいいかもしれませんね。

櫻木神社
住所〒113-0033 東京都文京区本郷4-3-1
駅・アクセス東京メトロ丸ノ内線・都営地下鉄大江戸線 本郷三丁目駅 徒歩2分
Webhttp://www5c.biglobe.ne.jp/~sakuragi/
電話番号03-3811-8535


  1. このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »