header_04

呑む食べる

淡路町》「新旧の神田」を発信するコミュニティラウンジ「Terrace8890(テラスハチハチキュウマル)」。フォアグラ、オマール海老、ワインを手軽に楽しめる大人のオアシスです。

2015/08/18  

東京メトロ丸の内線 淡路町駅A3出口を出ます外堀通り沿いに北に2分ほど歩くと、道路の反対側に「WATERRAS(ワテラス)」が見えます。

001

神田淡路町(かんだあわじちょう)では、旧淡路小学校があった土地が複合商業施設に生まれ変わりました。再開発前の神田界隈(淡路町、駿河台、須田町)の人口は100人前後。住環境の変化により、住民の数が激減していったそうです。

再開発を手がける安田不動産は「人情、情緒を引き継ぎ、大きなコミュニティをはぐくむ」という思いのもと「淡路エリアマネジメント」という一般社団法人を設立。地域の人々とともに地域活性化に取り組んでいます。

「WATERRAS」は神田淡路町が培ってきた「和」の文化、人々との「輪」のつながり、情緒豊かな緑と水を「環」のように巡らせた環境の創造。この3つの「WA」をコンセプトに建設されました。

002

現在は「WATERRAS」のマンションを中心に人口が1000人まで増加。若い世代のコミュニティへの参加を促す取り組みにも力を入れています。

「WATERRAS ANNEX(ワテラスアネックス)」の14、15階を学生マンションとして貸し出し、入居する学生には地域のイベントへの参加を義務づけます。年間12ポイントをクリアしなければ“強制退去”させられるシステムになっています。

その他にも、月に2回広場で行われる「WATERRAS MARCHE(ワテラスマルシェ)」や、日本文化を知るワークショップ、ビアガーデンなどが開催されています。

003

エントランスのエスカレーターを3階まで上り、左手のビルの中に入ると、カフェ&ラウンジ「Terrace8890(テラスハチハチキュウマル)」が見えます。コンセプトは「喫茶からパーティまで対応可能なコミュニティカフェラウンジ」です。

004

大きなソファ、木製の落ち着いたトーンで統一されたテーブル、吹き抜けの天井、外の景色を一望できる大きな窓が、ホテルのラウンジのようにモダンでオシャレ。天井は旧淡路町小学校の講堂を模してデザインされています。

「デートで行きたい!派」と「仕事で行きたい!派」に分かれた取材メンバーでしたが、デートで来ても、打ち合わせで来てもゆっくり過ごすことができそうです。

005

下の階では、ギャラリーのあるカフェ、物販コーナーがあります。コーヒーとともに読書が楽しめるスペースもあり、ゆったりとした時間が流れていました。

006

本は地域の人々が余った本を持ち寄り作ったもの。「本を通じて人々が集い、コミュニケーションを生み出す」というテーマは老舗、本、音楽、アート、大学といった様々な文化が集まる神田ならではのもの。

007

クリエイティブな装丁の本は見ているだけでもわくわくします。カウンター席もあるので、1人でお酒を飲みながら読書を楽しむのもいいかも♪

008

こんな素敵な空間でお酒を楽しめるなんて!早く飲みたい!ということでとりあえずビールで乾杯します!

009

塩とオリーブオイルがかかった「シンプルグリーンサラダ」。見た目も味もとってもシンプルです。

010

ツヤツヤのソーセージが食欲をそそる「超粗挽きソーセージ ポテト付き」。ジューシーでパリッ!じゅわっ!と肉汁が溢れます。粒マスタードを添えるとさっぱり。ついついビールが進んじゃいます。

添えられたポテトは胡椒の風味がしっかりきいていてカリカリ!女子ってなんでこんなに芋が好きなの。と男性陣に不思議がられましたが、カリカリ、ほくほくのフライドポテトはやっぱりやめられません。

011

生カシオレで、ちょっと休憩。夏らしくてかわいいフルーツジャー、家に欲しくなりました。

012

左上から時計回りにミモレット、ブルーチーズ、カマンベールチーズ、スモークチーズの「4種チーズの盛り合わせ」。この4種の中で一番好きなのがミモレット。パリっとした食感が楽しく、濃厚な味わいのチーズ。ほんのりとした香りも好き。ワインとの相性も抜群です。

013

「生ハムとサラミの盛り合わせ」。生ハムは柔らかく、サラミは粗挽きで程よい固さ。塩気がしっかり効いています。ちなみにイタリアでは、写真を撮るとき「サラミ!」の掛け声で撮影するそうです。

014

ぷりぷりの海老と、キュッとした食感が楽しいエリンギの組み合わせがおつまみに最適な「小エビとエリンギのアヒージョ」。ガーリックの風味が優しく程よい味つけでした。

015

ブルーリキュールを使用したカクテル、「ワテラスブルー」も注文してみました。鮮やかなカクテルがテーブルを爽やかに彩ります。

016

ふわっとした衣とやわらかくてなめらかなアボカドがおいしかった「アボカドフリット」。森のバター、アボカドにクリームチーズのディップは、クリームオンクリームでこってりしそう…と思いきやさっぱり爽やかな風味に変わります。

017

贅沢にオマール海老がごろごろ入った「オマール海老のトマトクリームソース」。海老は弾力がありしっかりとした歯ごたえ。トマトソースにも海老の香りがきいています。

そして、お待ちかねの最後の1品。

018

高級食材をふんだんに使った「黒毛和牛もも肉とフォアグラ、トリュフのロッシーニ」。

和牛の赤みと脂身のバランスもよく旨みが凝縮されています。舌の上でとろけるようなコクのフォアグラは食べやすくおいしいです。添えられたソース、トリュフが程よいアクセントになり質感の違う2種類の肉の旨みをうまく調和させています。

019

「国産牛ほほ肉のラグー フォアグラのソテー添えトリュフソース」のパスタもおいしそうですが、次回のお楽しみにとっておくことにします。

020_r

 かつて万世橋(まんせいばし)があり交通の要所であったこの地域を表す「粋」という漢字を分解すると、「八十八」と「九十」になることから「Terrace8890」という名前になったそうです。

コンセプトもデザインも「粋」なコミュニティラウンジ「Terrace8890」。

贅沢な料理、おしゃれな空間、地域の人々が大切にしてきた本が、素敵な時間を運んできてくれるかもしれません。

020

さらに、後日「WATERRAS」の「WATERRAS MARCHE」に行ってきました。

有機野菜、スペイン産のおつまみ、山梨産のワイン、器の販売、丼もの、鶏肉専門店、ベーグルなど様々な店舗が出店していました。いろんなお店を見ていると、店舗の方が気さくにお声かけしてくださいます。地域の人々の温かさを感じました。

021

黄色いワゴンが鮮やかなキッチンカー「LLP」の「釜揚げしらす丼」、「とり・豚・よくばり丼」を購入しました。

022

愛知県篠島産の「釜揚げしらす丼」650円。大盛りも無料です。食感が柔らかく優しい甘みのしらすがふんだんに使われています。ごはんに醤油がかかっているのでしらすそのままでも、醤油ご飯と合わせてもおいしく食べられます。

023

「とり・豚・よくばり丼」。とり・豚の2種類のお肉がこんなにたくさん入ってて600円はお得!お肉に絡んだ甘めのソースと、わさびの組み合わせが意外に相性抜群でおいしかったです。油を一切使わないので、ボリューミーなのにヘルシー。満足なランチタイムを過ごすことができました♪

Terrace8890(テラスハチハチキュウマル)
住所101-0063 東京都千代田区神田淡路町2-101 ワテラスタワーコモン3F-1
駅・アクセス東京メトロ丸ノ内線 淡路町駅 徒歩3分
営業時間月〜金
09:00〜21:00


11:00~21:00

日・祝
11:00~18:00
Webhttp://www.waterrascommon.com/8890_terrace.html
電話番号03-6206-0573
ワテラスマルシェ事務局
Webhttp://waterrasmarche.com/
電話番号03-5843-6791


  1. このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »