000_r

食べる

本郷三丁目》カレーライス・ハヤシライス・手絞り天然ジュース。東大生を育てた、創業1914年(大正3年)「万定(まんさだ)フルーツパーラー」でタイムトリップ。

2016/01/08  

004_r
東京メトロ丸の内線 本郷三丁目駅の出口から本郷通りを北へ進みます。東京メトロ南北線 東大前駅1番出口からのほうが少し近いのですが、本郷三丁目駅周辺に名所が点在しているので、晴れていればこの経路が良い散歩になります。

005_r
本郷通りを北に進む途中に菊坂と呼ばれる坂道があります。お肉屋さん、甘味処などの個人商店、樋口一葉 縁の地を訪ねることができます。木造の古民家が並び、懐かしい雰囲気に気分が高まります。

006_r
道路を挟んで右手に東大赤門を通り過ぎます。東大の赤門は、1827年(文政10年)に建てられた、元加賀藩上屋敷の御住居表御門です。加賀藩第13代藩主が徳川第11将軍家斉の娘、溶姫を迎えるために造らせたものです。国の重要文化財に指定されています。

007_r
間もなく、万定(まんさだ)のシャッターが見えてきます。万定の創業は1914年(大正3年)。シャッター部分は、今はやっていない万定の果物屋さんでした。創業当初は東大病院のお見舞いにくる方が主なお客様だったそうです。

隣のお店が、赤と黄色のひさしが印象的な老舗「万定フルーツパーラー」です。元来のフルーツパーラーは果物屋さんの隣でフルーツを食べられる喫茶店のことで、昭和初期に大流行しました。

008_r
建物は1928年(昭和3年)に建てられた看板建築。昭和初期に多く建てられた看板建築ですが、第二次世界大戦に耐え残っているものは数少なく貴重です。

008_1_r
看板建築には決まった様式はありませんが、こちらはアールデコを模しています。蔦(つた)も絡まり80年以上刻んだ時を表していて、レトロを通り越した歴史を感じます。

009_r
中に入ると、ここだけ時間の流れが違うような感覚に。タイルばりの床は市松模様が色褪せて趣を感じます。内装も建築当時のままで、壁の細工は今や同じように施工するのは技術的にかなり難しいのだそうです。東大生の常連さんが通いつづけてできた座席の跡もあり、なんだか昔と今が交差している感じがします。

010_r
店内の角にトロフィーがあります。歴史があるようにみえますか?きたな美味い店に贈られる「きたなシュラン」のトロフィーです。

011_r
のりさんのペレサインもバッチリいただいています。お店にすっかり馴染んでいますね。

012_r
メニューは外観や内装の懐かしさをを文字におこしたようなラインナップです。昭和を生きた大人たちの心が躍る「クリームソーダ」や「レモンスカッシュ」もありますね。

013_r
入り口の立て看板に『カレーとハヤシ、天然ジュース』とあるように、迷うことなく「カレーライス」「ハヤシライス」手絞り天然ジュースの「レモンスカッシュ」を注文します。

014_r
「カレーライス」の真っ黒なルーはさらさらしていて、固めに炊かれたお米と溶けあっています。辛くはないですが、胡椒味が強くタマネギと小麦粉を深く炒めた香ばしさがあります。油っぽくないカレーなので重くならず、すいすい食べ進めることができます。懐かしさを感じる味ですが、昔ながらの喫茶店カレーを味わったことのない若い方には新鮮に感じるかもしれません。この味がお店の空間とマッチしていて、不思議な気分になります。

015_r
「ハヤシライス」はとろっとしたルーで、こちらも胡椒がきいています。あとからトマトの酸味と、タマネギの優しい甘さが口の中に広がります。味の変化が、一口一口をゆっくりと味わう大切さを教えてくれるようです。味わい深くカレーライスと甲乙つけがたい美味しさです。

016_r
フルーツパーラーの「レモンスカッシュ」。メニューの通り、絞りたてのレモンがたっぷり入ります。酸味が強くすっきり、しっかりした炭酸で喉越しさわやか。この味が多くの常連さんの仕事や勉強をサポートしてきたに違いありません。

017_r
ミキサーの回る音を聞きながら出来上がりを待つ「バナナジュース」。見るからに濃厚で、氷が溶ける前に飲みきりたい気持ちになります。絶対的相性のミルクがバナナそのものの美味しさを引き立てています。しつこくない甘さがカレーともあっています。

018_r
お会計のため、レジにたつと「ガチャガチャ」と大きな音がします。ここのレジは1934年(昭和9年)から使い続けられており、もはや懐かしいというより博物館の展示品をみているように感じます。当時最先端のアメリカ製のレジを、1代目が家一軒分相当の価格で購入したそうです。歴史的に価値があるものを大事に使い続けるその姿勢に、お店の信念が伺えますね。

長年、戦火や地震にも耐えた「万定フルーツパーラー」。東大生の中には、入学から教授を退職するまで通った方もいるとか。変わらず昭和の時間が流れるお店のままで、そしてレジのように“過去のもの”となることなく生き続けてほしいですね。

万定フルーツパーラー
住所東京都文京区本郷6-17-1
駅・アクセス東京メトロ丸の内線 本郷三丁目駅 徒歩8分
営業時間ランチ  11:00~15:00
定休日年中無休
電話番号03-3812-2591


  1. このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »