004_r3

すごろくツアー

秋葉原→淡路町》東京大空襲から焼け残った神田連雀町で、大正・昭和の面影を追う建築探訪。

2016/08/30  

大正・昭和の面影残る須田町は、東京大空襲を逃れ焼け残った地域。かつては「神田連雀町」と呼ばれました。昔ながらの街並みを象徴する看板建築「海老原商店」などを巡り、「万世橋駅跡」や「鷹岡(株)東京支店」の歴史に今の風景を重ねます。創業100年以上の老舗が並ぶあたりを抜け、22代続く「 庄之助」の銘菓を手に帰途につけば、土産話にも花が咲きます。


  1. このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »