000_r

呑む食べる

東京》「築地銀だこハイボール酒場」の「ぜったいうまい!!たこ焼」。外はカリッと中はとろ~りのたこ焼は、北京ダックの調理法からヒントを得て生み出されました。

2016/10/19  

001_r
JR東京駅 八重洲中央口を出て「八重洲中央口前」交差点を渡り、「外堀通り」を北に進みます。4つ目の角を曲がって「桜通り」を東に進み、1つめの信号を左に入ると「築地銀だこハイボール酒場」が見えます。

002_r
「築地銀だこハイボール酒場」は「仕事帰りにたこ焼を食べながらちょっと一杯」をコンセプトにオープンした「築地銀だこ」の立ち飲み専門店です。2009年(平成21年)に新宿歌舞伎町で1号店をオープンし、今では都内を中心に数十店舗を展開しています。「築地銀だこ」おなじみのサインと「角ハイボール酒場」と書かれた黄色いサインが目印です。

003_r
この日は18時頃に入店。お酒を酌み交わすビジネスマンたちで既に賑わいを見せつつあります。

004_r
メニューは定番のたこ焼と「築地銀だこハイボール酒場」でしか味わうことのできないプレミアムたこ焼を中心に、前菜、揚げ物、鉄板焼きなども取り揃えています。どれも酒のつまみに最適でリーズナブルなので、気兼ねなく訪れることができます。


くるくるとテンポよくたこ焼が作られる様子を楽しみながら料理を待ちます。

006_r
定番の「角ハイボール」、フレッシュな「みかんハイボール」、「溢れハイボール 知多(ちた)」で早速乾杯!お酒のメニューは「角ハイボール」を中心に、内容量が2倍の「メガ角ハイボール」や、升に並々と注がれる「溢れハイボール」などのラインナップです。

007_r
まずは銀だこのスタンダード「ぜったいうまい!!たこ焼」を。「築地銀だこ」おなじみのカリカリ食感のたこ焼は、焼きあがった後に油をかけて揚げることで実現されており、創業者の佐瀬守男(させもりお)氏が、北京ダックに油をかける様子からヒントを得て生み出したもの。外はカリッと中はとろ~りとしたたこ焼の中から、ぷりっと歯切れの良いたこが現れ、いついただいても変わらないおいしさです。たこ焼は4個入りなので、色んな種類を楽しむことができます。

008_r
「つぼきゅう」は、塩とごま油のシンプルな味わいでお酒にもぴったり。さっぱりと食べ進めます。

009_r
たっぷりのった唐辛子が見るからに刺激的な「四川風 吠えるたこ唐」。衣に優しく包まれたぷりぷりのたこは、噛めば噛むほど辛さとともに旨みが広がります。山椒(さんしょう)の痺れるような風味と相まって、じんわり後引く辛さですが、ハイボールのすっきりとした味わいとスパイスの奥行きある風味は抜群の相性です。

010_r
辛くなった口の中を「ジムビームハイボール」でさっぱりとリセットし、次に選ぶたこ焼との組み合わせに思いを巡らせます。

011_r
プレミアムたこ焼「コク旨チーズペッパー」。甘みの際立つソース、ベーコン、チーズのトッピングはまるでピザのよう。たこ焼のとろりとした食感を引き立てるためでしょうか、チーズはほどよいやわらかさです。

012_r
温かいキャベツにアンチョビをトッピングした「アンチョビキャベツ」。ほんのり感じるニンニクの風味がアクセントになり、お酒の合間についつい手がのびてしまいます。

013_r
ハイボールを気ままに楽しんだら、やっぱりビールも欲しくなりプレミアムモルツをオーダー。クリーミーな口あたりの泡とさわやかな喉越しが、疲れた体に優しく沁み渡ります。

014_r
「たことアボカドの柚子胡椒」は女性にも嬉しい一品。たこ、アボカド、クリームチーズを柚子胡椒で和えたさわやかな風味で、さらりといただけます。

015_r
サクサクの衣に包まれた「4種海鮮ピンチョス」。“ピンチョス”は、スペイン語で“串”を意味しています。

016_r
香ばしい糸状の衣の中からは、エビ、イカ、たこ、白身魚の4種の海鮮がお目見え。チリソースのぴりりとした刺激で、全体が引き締まった味わいに仕上がっています。

017_r
プレミアムたこ焼「グリーンチーズカレー」。たこ焼をスープの中にひたひたに泳がせていただくと、カレーの優しい甘みが生地に沁み渡り、よりまろやかな味わいに。

018_r
〆には「四川風 吠えるたこ唐」をリピート。唐辛子をたっぷりとのせていただくと、やみつきになるような麻辣味(マーラーウェイ)。お酒も食も思わず進むたまらない魅力があります。

019_r
たこ焼と言えば「ソース風味が絶対うまい!」という方が多いかもしれませんが、創意工夫に富むたこ焼を楽しめるのも「築地銀だこハイボール酒場」の魅力。「次はどのたこ焼にしよう、お酒は何を合わせよう」と“たこ焼談義”に花を咲かせながら、一日の締めくくりにちょっぴり夢を与えてくれる酒場です。

築地銀だこハイボール酒場 八重洲北口店
住所〒103-0028 東京都中央区八重洲1-5-10 井門八重洲ビル1F
駅・アクセスJR東京駅 徒歩5分
営業時間【平日】
11:00~15:00、16:00~23:30
【土】
11:30~22:00(L.O. 21:30)
【日・祝】
11:30~21:00(L.O. 20:30)
Webhttp://www.gindaco.com/highball/
電話番号03-3548-3058


  1. このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »