12

買う食べる

日暮里》名物!谷中の墓地からやってきた?妖怪あんず大福でおなじみの「江戸うさぎ」でいろいろ買ってきた!

2014/10/17  

何ともシュールな大福。妖怪の大福たち。
定番の「あんず大福」、お試し価格で販売していた「とまと大福」、
秋限定販売の「くり大福」を買ってみました。
12
さっそく食べてみます。まずは、あんず大福。
こしあんの入った、やわらか~いお餅の妖怪に、甘酸っぱいあんずがぴったり。なかなか肉厚のあんずは、懐かしの「あんずボー」も作っている老舗、大正4年創業のあんず専門加工メーカー 浅草 港常(みなつね)さんのあんずなのだそう。

つづいて、とまと大福。
ミニトマト Angelle(アンジェレ)にかぶりついてます。頭にヘタまでつけて。見た目は、なんとも可愛らしい妖怪。
03
果たして、どんな妖怪味…?

これはっ!?
実際に味わってみてください。
吉と出るか、凶と出るか( ´ ▽ ` )ノ

くり大福は、こしあんに栗が入ってます。
味は、間違いないです。栗とこしあんの入った大福です。
栗とこしあんの入った、そう、妖怪でした。
お店の看板商品は、こっちかな。

05
かなりコスパの高い、一口まんじゅう。
黒糖まんじゅう(こしあん)、よもぎまんじゅう(粒あん)もご紹介します。ごく普通の小さなお饅頭と侮るなかれ、どちらも、皮がもちもちして、甘さもちょうど良く、いくつでも食べられそうな感じです。何しろ、甘いものが苦手なスタッフたちにも大好評。

48個入りのおまんじゅうって、どうよ?と思ってしまったことを反省します。今思えば、他に並んでるお客さんたちは皆、妖怪じゃなくて、このおまんじゅうをたくさん買ってましたよ♪

他にもいろいろあったので、要チェック!
06
おっと、そんな大事な黒糖まんじゅうの129円が何個入りなのか…、

窓の鍵のところで、見えない。07
8個入り129円でしたぁ。

09
江戸うさぎを運営している、株式会社大藤さんで作ってるお菓子たちも販売中!総理大臣の似顔絵つきのおみやげ菓子なんかを作ってる会社さんでした。

民家の中に突然現れる、江戸うさぎのお店。
外観は、こんな感じ。01
結構、いろいろベタベタ貼ってある。風情が、惜しいな。

08
でも、何だか気になる商品がたくさん。

そして、お店の前には、なぜか、ダイハツのミゼット。
こちらは、風情バッチリ。昭和ですね。
手入れはそうとう行き届いてます。10
以前は、このミゼットで出張販売もしていたらしい(←ネットの情報だけど…)

11
行灯がいい味だしてますよね。素敵☆
点灯してるとこ、ちょっと見たいな。

次回は、妖怪あんず大福をリピートしつつ、
黒糖まんじゅうの大量買いと、
奇抜な商品にチャレンジしてみようかな。

江戸うさぎ
住所〒116-0013 東京都荒川区西日暮里2-28-10
駅・アクセスJR京浜東北線、山手線 日暮里駅、京成・京成舎人ライナー 日暮里駅 徒歩5分
営業時間9:00〜18:00(冬期は 17:30まで)
定休日日曜、祝日
Webhttp://shop.omiyage-daito.com/
電話番号03-3891-1432


  1. このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »