main_r

呑む食べる

銀座一丁目》天ぷら、ソフトシェルクラブ、マンゴー…。「シャリ・ザ・トウキョウスシバー」のロール寿司は、和と洋が織りなす花車のような一皿に。

2016/12/28  

東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」5番出入口からレンガ通りを銀座駅方面に少し歩いて「アルボーレ 銀座」へ。エレベーターを8階でおりると、白い暖簾がかかった「シャリ・ザ・トウキョウスシバー」に到着します。

001_r
シャリ・ザ・トウキョウスシバーは、海外で進化を遂げた和食「ロール寿司」をメインに据えたお店。高級なカウンター寿司か、リーズナブルな回転寿司かに、二極化しつつある寿司業界の中で、“気軽に、大人数でも”寿司を楽しんでほしいという思いでお店をオープンさせました。

002_r
店内は広々としていてモダンな雰囲気が漂います。寿司屋というよりイタリアンやフレンチ料理屋のよう。座席はカウンターとテーブルがあり、仕切りを取り付けると半個室になる席も。落ち着いた空間で会話を楽しめるので、会社の宴会、男女の入り混ざったパーティ、女子会など様々な目的でお客さんが集います。

003_r
メニューはロール寿司をはじめ、お酒と共に楽しめる和食をアレンジしたおつまみ、華やかなデザートなどがそろいます。ロール寿司は、日本人では考えもつかない食材や揚げ物を巻いた斬新なもの、和食らしい旬を表現したものとバリエーションも豊かです。他のお店ではなかなか味わえないラインナップに驚きつつ、どんな味がするのか想像を膨らませ仲間と盛り上がるのも一興。

004_r
ロール寿司は1種類2貫より注文ができ、価格は1貫150円から。気構えることなく興味のわいたロール寿司を順にオーダーしていきます。最初に頼んだのは「スパイダーロール」、「INARI ロール」、「天ぷらロール」、「帆立マンゴーロール」、「名物自家製マスカルポーネ豆腐」、お米に合いそうな白ワイン。

005_r
花やソースで飾られたお皿は、テーブルに運ばれたときに「おーっ!」と歓声が上がるほど。ロール寿司は海苔が苦手な外国人にも食べやすいよう裏巻きになっていて、外側に巻かれた食材が彩りを添えます。

006_r
スパイダーロールは、カラリと揚げたソフトシェルクラブを巻いたロール寿司。ソフトシェルクラブの八本足を蜘蛛にみたてて名付けられ、アメリカなどロール寿司がポピュラーな国では定番のメニューです。シャリ ザ トーキョー スシバーのスパイダーロールは卵と万能葱を一緒に巻きこみ、外側は山葵の風味をつけたトビコがまぶされたオリジナルレシピ。

007_r
ロール寿司は、女性でも一口でいただけるサイズです。口に頬張れば、トビコのプチプチした食感と共に山葵の香りがふわりと広がり、香ばしいソフトシェルクラブの旨味があとを追う。食感や旨味など、食材が織りなすコンビネーションに料理人のセンスが垣間みえます。

008_r
ピリ辛なホットマヨが意外なアクセントの帆立マンゴーロールは、フルーティなサラダのよう。帆立、胡瓜、卵が中央に巻かれ、外側にはマンゴー。お刺身にフルーツをあわせるという発想は、フレンチやイタリアンも手がける会社が経営しているお店ならでは、かもしれません。

009_r
いなり寿司なのにロールになっている「INARI ロール」は、長芋、山葵漬け、山菜のジャクジャクとした食感が楽しめます。じんわりと染みたいなり寿司とは違い、個性的なロールの間にはさみたいサッパリとした一品です。

010_r
日本食を代表する天ぷらと寿司を融合させた天ぷらロールには、海老やかぼちゃの天ぷらが巻かれています。さくっと歯触りの良い衣にぷりぷりの海老。茎山葵もツンときて、白ワインを口に含めば、新しい和食に出会うことができます。

011_r
一通り食べ終えたら、名物自家製マスカルポーネ豆腐をつまみつつ、白ワインを飲み進めます。名物自家製マスカルポーネ豆腐は、スイーツとチーズのあいだ。マスカルポーネチーズと出汁のきいた玉子豆腐、蜂蜜をあわせて裏ごししており、不思議な旨味となめらかな舌触り。盛りつけられたプチトマトとあわせて食べたり、様々な野菜とのコンビネーションも楽しむことができます。

012_r
「スパイシーツナロール」、「スイートシュリンプロール」、「和牛網焼きロール」、「焼き鯖ロール」も追加で注文。様々な種類を少しずつ、気分に合わせて味わう寿司屋らしい楽しみ方です。

013_r
スイートシュリンプロールの具材は甘えびと蟹かま、卵、胡瓜。ぷりぷりで新鮮な甘えびが口の中でとろけていきます。

014_r
和牛網焼きロールは、肉汁と脂がほどよくシャリと一体になるロール寿司。オクラやヤングコーンの歯ごたえが小気味良く響きます。

015_r
スパイシーツナロールはニンニクと唐辛子のスパイシーな味わいが個性的。中央にニンニク、唐辛子、醤油で味付けしたツナ、外側に生のマグロ。海外の方にも人気があるメニューです。

016_r
好みで、お皿のフチに飾られている唐辛子、醤油をプラスします。「醤油は基本的にジュレ状にすることで、服に飛び散り憎くしているんです。」と料理長。おめかしをした女性にも気兼ねなく食事できるように、という細やかな気配りです。

少しの辛さとニンニクの香りで食欲が刺激され、まだ食べたいネタも残っているので、もう少し注文しようか迷いますが、ほどよくお腹が満たされたところでオーダーストップ。最後に焼き鯖ロールを一口でいただきます。

017_r
爽やかにスダチが香り、葱味噌の旨味を帯びた焼き鯖から脂がじわり。余韻を残したまま、白ワインを飲み干します。

“銀座”で発信される新たな寿司は、フレンチのメインディッシュのようなしつらえの一皿に。美味しさだけに留まらない愉しみが詰まっています。

シャリ・ザ・トウキョウスシバー
住所〒104-0061東京都中央区銀座2-4-18 アルボーレ銀座ビル8F
駅・アクセスJR山手線 有楽町駅 徒歩5分
東京メトロ銀座線 銀座駅 徒歩5分
東京メトロ有楽町線 銀座1丁目駅 徒歩1分
営業時間ランチ  11:30〜15:00(L.O.14:30)
ディナー 17:30〜23:00(L.O. フード 22:30、ドリンク 22:45)
定休日年末年始
Webhttp://restaurant.novarese.jp/shari-ginza/
電話番号03-6853-8989


  1. このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »