main

歩く見る

錦糸町》「津軽稲荷神社」から南割下水(みなみわりげすい)を進み、津軽家上屋敷跡へ。大名屋敷は明治時代に姿を消し、残された屋敷神はやがて町の守り神になりました。

2017/04/05  

001_r
JR総武線 錦糸町駅 北口を出て西へしばらく進むと、右手に「津軽稲荷神社(つがるいなりじんじゃ)」が見えます。東西をビルに挟まれた狭小な社地、鳥居はお稲荷さん特有の朱塗りではなく、石製のものです。本殿は鮮やかにはためく幟(のぼり)を抜けたところにあります。

002_r
お社は朱色の柱に白壁、瓦葺きで仕上げられており、境内には小振りな太鼓橋や、江ノ島弁財天の分身という弁天様も祀られています。ところで、墨田区錦糸に鎮座する神社が何故 “津軽” を冠しているのでしょうか。

003_r
かつて、両国・錦糸町一帯が本所(ほんじょ)と呼ばれていた頃の噺(はなし)に「本所(ほんじょ)に過ぎたるものが二つあり、津軽大名に炭屋塩原」というものがあります。約8000坪を占める津軽家の大名屋敷と富商・塩原太助(しおばらたすけ)を詠ったものですが、津軽稲荷神社の起源はここに登場する津軽家の「下屋敷(したやしき)」から辿ることができます。

004_r
大名が居住する上屋敷(かみやしき)、隠居や跡継ぎが暮らす中屋敷(なかやしき)に対して、下屋敷は主に別邸として設けられます。津軽家の下屋敷には屋敷神が祀られていましたが、明治時代に屋敷を撤収した後は食料を保管する糧秣廠(りょうまつしょう)となり、屋敷神だけが残されました。この屋敷神を受け継ぎ、ご祭神として祀ったのが現在の津軽稲荷神社というわけです。

005_r
その後、1932年(昭和7年)の町名変更に合わせて錦糸一丁目町会の守り神となり、1945年(昭和20年)には戦災で焼失するも、町民により再建されて今に至ります。また、屋敷が払い下げられたあとも津軽稲荷神社と津軽家の繋がりは続き、津軽伯爵家のご出身である津軽華子様が常陸宮妃となった際にはお祝い品や記念品の取り交わしも行われたようです。

006_r
ちなみに神社の前を走る「北斎通り」には、かつて南割下水(みなみわりげすい)と呼ばれる掘割が流れていました。南割下水周辺は江戸のミステリースポットとして有名な場所で、「おいてけ堀」や「足洗い屋敷」といった本所七不思議の舞台にもなっています。昭和初期に埋め立てられるまでは、主に雨水排水路として使われていたようです。

007_r
北斎通りを両国駅方面へ歩いていくと、左手に「緑町公園」と「すみだ北斎美術館」があります。ここは津軽家の上屋敷があったとされる場所で、当時の浮世絵には屋敷とともに火の見櫓や黒板塀(くろいたべい)が描かれています。

008_r
深川の北、向島の南に位置する本所。もともと神田小川町にあった津軽家上屋敷が当地への屋敷替えを命じられたのは1688年(元禄元年)のことです。時代は移ろい、やがて大名屋敷は姿を消しますが、現在も津軽稲荷神社や町に点在する高札が昔日の面影を伝えています。

津軽稲荷神社
住所〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-6-12
駅・アクセスJR総武線・東京メトロ 錦糸町駅 徒歩6分


  1. このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »