main

買う食べる

九段下》テイクアウトOK・お粥とスムージーの専門店「ももがゆ家」。彩り豊かな創作粥は全11種類。素材の旨みたっぷり「ももがゆ薬膳粥」に、油条(ヤウティウ)をトッピング。

2017/04/06  

東京メトロ半蔵門線・東西線・都営新宿線 九段下駅5番出入口を出た先にある俎橋(まないたばし)を渡ると、左前方にお粥とスムージーの専門店「ももがゆ家」があります。
001_r
2014年にお粥専門店としてオープンした「ももがゆ家」は、2016年3月に全面リニューアル。“カフェとして利用できる空間”をコンセプトに、新たな創作粥とスムージーを加え、これまでのお粥屋のイメージとは違った新しいスタイルを提案しています。

002_r
店内は白を基調としたカラーリングと、ウッディなインテリアで温かみのあるスタイリッシュな空間。窓際には2人席やカウンター席も設けられ、明るい日差しが心地よく入ってきます。

003_r
「ももがゆ家」のレギュラー粥は全11種類。お粥には無料で「揚げパン」「ワンタンチップ」「オニオンチップ」の3種類からトッピングをつけることができます。和風のものから、中華風、韓国風、洋風など彩り豊かな具材を使用した、様々なスタイルのお粥があります。

004_r
お粥の歴史は、紀元前の中国まで遡ります。日本では漬物や梅干などが乗ったシンプルなものが多いですが、中国では生米を鶏や干し貝柱からとったスープで炊いたり、韓国では海鮮や高麗人参・松の実の多様な具材と一緒に丁寧にじっくり煮込むなど、少しずつ調理法が異なります。
他にもベトナム、シンガポール、マレーシア、タイ等アジア各所でも一般的な食事であると同時に、ヨーロッパやアフリカでも様々な雑穀を使用したお粥が食べられています。

「ももがゆ家」では、約1ヶ月ごとに変わる季節限定メニューやスムージーも人気となっています。

005_r
お店1番人気の「ももがゆ薬膳粥~参鶏湯(サムゲタン)風のお粥~」に“揚げパン”をトッピング。
鶏肉に人参、白髪ネギ、松の実、クコの実、白ごまなどを加えた韓国風のお粥です。とろとろに煮込まれた鶏肉の出汁がお米に溶け出し、柔らかい旨味をまとっています。

006_r
揚げパンは中国では油条(ヤウティウ)と呼ばれており、朝食に粥や豆乳の添え物としてよく食べられています。お粥と一緒にいただくと、香ばしさがプラスされ、また違った味わいです。白髪ネギのシャキシャキとした食感が良いアクセントに。

007_r
卓上の黒酢をかけていただくのが店員さんのおすすめ。
他にも自分好みで好きな調味料をプラスして、お気に入りの食べ方を探すのも楽しみの一つです。

008_r
「パクチーと肉みそのお粥」にワンタンチップをトッピング。これでもかと乗せられたパクチーが一際目立つビジュアルで、パクチー好きにはたまらない一品です。
中華料理のワンタンの皮を揚げたワンタンチップをパリパリにして混ぜて食感の変化も楽しめます。
香ばしく炒められた豚ひき肉と味噌の風味が、パクチーの爽やかな風味と絶妙にマッチ。適度なボリュームが嬉しい一品です。

009_r
玉子が溶け込んだお粥に、糸唐辛子の色味が引き立つ「酸辣湯(サンラータン)のお粥」にオニオンチップをチョイス。
崩し豆腐、ネギ、椎茸、人参、玉ねぎが入った具だくさんなお粥です。香ばしいちりめんじゃこの風味と卵のまろやかな甘みにほのかな酸味がクセになるピリ辛な味わい。

010_r
こんがりと揚げられたオニオンチップはサクサクで、ちりめんじゃこと相まって香ばしい風味に。具材はそのまま飲み込めるほど細かく刻まれているので消化にも特に良いひと品です。

011_r
「赤のお粥~トマトとチーズのお粥~」。
イタリアンのリゾットを思わせる真っ赤な見た目がインパクト大のお粥。トマトベースのお粥に香ばしく炒められたナスと薄切りのベーコンがトッピング。バジルと粉チーズが振りかけられた洋風な味わいです。
ワンタンチップをパラパラにくずして頂くのがおすすめ。

012_r
「黄色のお粥~かぼちゃのお粥~」。
鮮やかな黄色い色が華やかなお粥で、ほんのりとしたかぼちゃの優しい甘みが感じられます。

013_r
人参、じゃがいも、さつま芋などの根菜が中心のフライド野菜が盛り付けられ、一体感のある味わいです。塩を足すとさらに甘みが引き立ちます。

014_r
「緑のお粥~ほうれん草のお粥~」。
ほうれん草の風味をほのかに感じる栄養満点のひと品です。茹でたほうれん草と鰹節、ちりめんじゃこが乗せられており、和風に仕上げられています。
甘じょっぱいごま油が効いた特製のタレをかけると、ほうれん草の優しい味わいに深みがプラスされます。

015_r
お粥と一緒に注文したいサイドメニューも。
鰹節の風味が効いた「筍の土佐煮」、スイーツのような甘みの「かぼちゃサラダ」、薄切りで甘く味付けられた「ごまレンコン」、柚子胡椒の爽やかな風味が香る「冷奴」。どれもお粥のサイドメニューとして嬉しい、素材の味を生かしたシンプルな味付けです。一品150円の価格も◎

016_r
お粥と人気を二分する「ももがゆ家」のスムージー“モモスム”。
ほうれん草、りんご、バナナetcを使用した定番の「グリーンスムージー」。アサイー、ブルーベリー、なすetcを使用した「バイオレットスムージー」など4種のカラースムージーに、シナモンソイティーやアップルジンジャー、パクチー、エッグなどの14種類のスムージーに季節限定フレーバーを加えた豊富なバリエーションです。+70円で、グラノーラ・チアシード・ホイップクリーム・タピオカのオプションをつけることもできます。

017_r
店員さんおすすめの「ストロベリースムージー」と「グリーンスムージー」を注文。
「ストロベリースムージー」はバナナ、ストロベリーなどに豆乳を加えたもので、豆乳のまろやかさがフルーツの甘みと酸味を包み込むような味わいです。「グリーンスムージー」は、ほうれん草・りんご・バナナ・オレンジ・パイナップルに豆乳を加えたもの。フルーツの甘味とほうれん草の爽やかさが口の中に広がり、最後まですっきりと頂けます。

018_r
会計時に辺りを見回してみると、こんな看板が。他にもお店のチラシを持参すると割引になるサービスも行っており、店内はWi-Fiも完備しています。

朝は8時から営業、和風から洋風まで様々なテイストのお粥を取り揃えた優しい味わいが特徴の「ももがゆ家」。お粥やスムージーはテイクアウトもOKなので、自宅やオフィスでもお店の味を堪能できます。
日本では体調を崩した時に滋養のために食べるのが一般的ですが、中国や韓国では毎日のように食べられている朝食の定番メニューの一つ。
シンプルだからこそ、味の表現は無限大。好みの調味料やトッピングを足して変化を楽しめる九段下のお粥カフェです。

ももがゆ家
住所〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-4-29 九段下SSTビル 1F
駅・アクセス東京メトロ・都営新宿線 九段下駅 5番出入口より徒歩2分
営業時間月~金 8:00~22:00(L.O.21:30)
土・日・祝 10:00~19:00(L.O.18:30)
定休日なし
電話番号03-6261-2884


  1. このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate »