カテゴリー
食べ物

東銀座》喫茶「アメリカン」の名物「タマゴサンド」。具に負けないおいしさのパンを半斤使用した、伝説のサンドイッチ。作業員たちの働く活力です。

東京メトロ日比谷線・浅草線 東銀座駅A3出口を出ます。歌舞伎稲荷神社の奥、木挽町(こびきちょう)通りに入りしばらく進むと左手に「アメリカン」が見えます。

木挽町通りは歌舞伎座の裏にある、銀座3丁目から8丁目まで続く通りです。こじんまりとした通りの中、鮮やかな緑の庇(ひさし)が際立ちます。

「アメリカン」は1983年(昭和58年)創業の喫茶店。場所柄、歌舞伎俳優や舞台女優達のファンも多く、数多くサインが飾られています。いまでは有名店のアメリカンですが、2010年歌舞伎座の閉場をきっかけに危機が訪れます。人通りが減り、周辺の飲食店は次々と閉店していき、毎日半額セールを行う日々が続きました。

しかし歌舞伎座の閉場から数ヶ月後、歌舞伎座工事の作業員たちが訪れるようになります。腹持ちのいいボリューミーなサンドイッチの人気は口コミで広まり、買いに来る人も多くなります。2013年4月に歌舞伎座は新装オープン。木挽町通りには人通りが戻り、無事危機を乗り越えることができました。

テイクアウトは9時から。パックいっぱいにサンドイッチがつまっています。ランチタイムは近隣で働く人々でにぎわうそう。パンの耳も一緒に入れてくださいます。

モーニングは400円のドリンクに、サラダ、トーストをそれぞれ100円で追加することができます。作業員達に人気のボリューム満点のサンドイッチはいったいどんなものなのでしょう。ドキドキしながら店内へ。

テーブル席が28席。ほの暗い照明が心地よく、ゆったりとした時間が流れています。

店主は佐賀県出身。天井、壁一面には佐賀県のあらゆるポスターが。佐賀のアンテナショップは東京にないため、特産品おすすめの店としての役割も果たしているそう。

お孫さんと撮った写真や、お孫さんからの手紙、店主のイラストなども飾られています。気さくで明るい店主が愛されている様子が伺えます。

注文からほどなくして、なみなみに注がれたコーヒー、分厚いトースト、てんこもりのサラダが運ばれてきます。全てがアメリカンサイズです。コーヒーカップは佐賀県の有田焼き(ありたやき)を使用しており、ひとつひとつ柄が違います。

トーストは2枚。ジャム、バターが付いています。

外はこんがり、中はふわっとしたトースト。カリっとした歯ごたえが楽しい。1枚目はバターとともに頂きます。トーストとバターというシンプルな組み合わせですが、喫茶店で朝ごはんをゆっくり味わう時間はなんだか贅沢。それだけでいい1日を過ごせるような気がします。

2枚目はサラダと一緒に。タマゴ、シーチキンとりんご、シンプルなポテトサラダの3種類のサラダは、マヨネーズたっぷりでクリーミー。そのまま食べてもトーストに乗せても楽しめます。食べきれなかった分は持ち帰ることもできるので、女性でも安心ですね。

店内のテーブルには、ボウル2つ分に乗った卵が。「アメリカン」といえば、「タマゴサンド」。テイクアウトで「タマゴポテト」「ハンバーグポテト」を購入しました。

「アメリカン」では、食パン半斤を横に切って使用しています。5㎝ほどある分厚いパンに、多めのマヨネーズと粗くつぶしたタマゴがたっぷりと。ポテトサンドはジャガイモとにんじんが入った甘めの風味です。大口を開けてがぶりと豪快に頂きます。

ハンバーグサンドは、コショウ入りの粗挽きのハンバーグに、サウザンドレッシングのような酸味とコクのバランスがとれたソース。

具に負けないくらい美味しいパンは、「新橋ベーカリー」のもの。しっとり、もっちりしたパンの秘密は、焼きたてをすぐ袋詰めしたものを仕入れているため。

「こんな不景気の時代だからこそ、安くて美味しいものをお腹いっぱい食べて欲しい。」という思いから、ボリューミーなサンドイッチを作り続ける「アメリカン」。

サンドイッチと正面から向き合うことを教えてくれる、
伝説のサンドイッチに出会えました。

アメリカン
住所 〒104-0061 東京都中央区 銀座4丁目11−7
駅・アクセス 東京メトロ日比谷線・浅草線 東銀座駅 徒歩3分
営業時間 8:00〜18:30
定休日 土曜日、日曜日、祝日

カテゴリー
食べ物

小川町》「江戸三大すし」の一つ『笹巻けぬきすし(ささまき けぬきすし)』。毛抜で魚の小骨を抜く様を見て『面白きことよ』に始まり300年超。

都営新宿線 小川町駅のB5出入口を出たら、出入口とは反対の方向に向かいます。直近の「靖国通り(やすくにどおり)」と「本郷通り」が交差する「小川町交差点」を左に折れ、御茶ノ水方面へ数十メートル歩くと、そこに「笹巻けぬきすし総本店」があります。

「笹巻けぬきすし」は “ ささまき けぬきすし ” と読みます。

創業は江戸時代中期、赤穂浪士(あこうろうし)の討ち入りがあった年でもある1702年(元禄15年)で、越後の新発田(しばた)出身の松崎喜右衛門(まつざききえもん)初代が「竈河岸(へっついがし:現在の人形町)」に店を構えたのが始まりです。

のちに親戚筋や古い番頭さんなどへの暖簾分け(のれんわけ)で店を広げたそうですが、そのうち残ったのはここだけ。神田の昌平橋のそばにあった店(当時の店名は宇田川)が関東大震災後、小川町に場所を移して今に残っています。

江戸で花開き名物として謳われた寿司として、竈河岸の毛抜鮓(けぬきすし)、両国の与兵衛寿司(よへえすし)、安宅(あたけ)の松が鮨(まつがすし)の三つは「江戸三鮨(えどさんすし)」と称されていますが、このうち現存するのも、ここ「笹巻けぬきすし」の毛抜鮓だけです。貴重な文化財とも言えます。

震災で焼ける前にあった絵草紙(えぞうし)を、先代が思い起こし、絵師に描いてもらった画には由緒が描かれています。

鮨を笹で包んでいるのは、古くは兵糧(ひょうろう)を包むのに、殺菌作用がある笹が使われていたという伝えに初代が習ったものです。この鮨のネタの一つに「鯛(小鯛)」がありますが、鯛の小骨だけは酢でしめても柔らかくならないので毛抜きで抜いていたそうです。その様子を旗本など来店した諸侯(しょこう)が面白く思ったことが広まり「けぬきずし」となったということです。現在も小骨を毛抜きで抜いています。

お店には12代目が記した笹巻けぬきすしの由来があります。「…旗本や松平候等幾多の諸侯御来店の折、毛抜にて魚の小骨を抜き鮨を作るを見て『面白きことよ』と興ぜられ、笹巻鮨を毛抜鮨とも呼び益々世に広まりたり…」

江戸の鮨は、今とは違い長く保たせるために塩気も酸味もきついものだったそうです。それを更に笹で包むということですから、元来この「笹巻けぬきすし」は折り詰めで持ち帰って食べるのが正しい鮨といえるでしょう。折り詰めの鮨は翌日まで保ちます。3時間ほど置いてからの頃合いの方が美味しいそうです。そういう訳でお店は基本「お持ち帰り」が専門です。

持ち帰る折り詰め12ヶもお願いしましたが、お店のショーケースの横では、その日のランチセットや笹巻けぬきすしが、その場でいただくことが出来るので、食べていくことにします。お店の外に書いてあったランチセットと笹間巻きけぬきすし7ヶを注文します。

「けぬきすしは、すっぱいですけど大丈夫ですか?」と女将が声をかけてくださいました。300年以上引き継がれた、その「酸味の利いたおすし」を求めてきたので、でもちろん「大丈夫です。お願いします。」とこたえます。気遣いあるお声がけは心地よいものでした。
※今は、戦前にくらべて随分と酸味をおさえているそうです。

この日のランチセット 税込1,050円。
穴子とマグロの二色丼、けぬきすし(玉子、のり巻き)、小鉢(夏野菜の天ぷら)、漬けもの、お吸いもの。

少なめのご飯に、マグロと穴子はたっぷりな量。マグロは赤身と漬けの二色。穴子はふっくらと煮あげられ、甘い煮詰め(タレ)がかかっています。

やわっと、ほろっと。

おくら、豆腐、おふ、結んだ竹輪が入ったお吸い物。お出汁は、簡単に使いたくない言葉ですが“ 身体に染みる ”上質な美味しさです。

メインが海鮮なので、2ヶの笹巻けぬきすしは、玉子とかんぴょうののり巻き。他では口に出来ない個性的な、玉子とかんぴょうです。

この値段にして、華やかで品も宜しく、満足感のある美味しいランチセットでした。スタッフも笑顔になります。

笹巻けぬきすし7ヶ 税込1,804円。
7色のすしダネは、鯛、光り物(コハダ)、おぼろ、玉子、海老、かんぴょう巻き2ヶ。この熊笹は裏がツルツルの種類だけを選んで、一枚一枚丁寧に洗ったものです。焼いた小鯛のカシラが入った潮汁(うしおじる)、緑茶。この日はランチに付いている小鉢もサービスしていただきました。

笹をとっていただきます。鯛の白、海老の赤、おぼろと玉子の黄色、コハダの青と銀、のり巻きの黒と華やかです。どのタネも一つ一つ丁寧な仕込みがされていることがわかります。そして、シャリが美味しいこと。現在のシャリとは違い、砂糖の甘さはなく、強めの酸味にちょうど良い塩気です。

米は固めすぎずない絶妙の加減です。手に持っても軽めで、食感は重すぎず、軽すぎず。押し寿司のようなものを想像していましたが、まったく違います。タネもシャリも余計なものを削ぎ落とし品格さえ感じるバランスで仕上がってます。

焼いた小鯛のカシラが入った潮汁は、「付いてます。」というレベルではなく、とても上品で美味しい碗になってます。一口すすれば、香ばしさもかすかに感じるお出汁に、思わず「あぁー…」と声が出てしまいます。7ヶのすしと潮汁だけの組み合わせですから、すしの相方として自信を持って出されていることがわかります。いや、ほんっとに美味しい。

丁寧に作られた笹巻けぬきすしと潮汁を、お店で味わうランチもいいものです。お会計を済ませ、お願いしていた折り詰め12ヶを持ち帰ることにします。

折り詰め(12ヶ)2,765円(税込)
外の包装には、江戸時代から続く笹と当たり矢の商標。粋なデザインです。「当たり矢」は矢が的中した状態で、物事が巧くいく、人気が出るなどの意味があります。

中の箱の包みにも「当たり矢」。商売繁盛や様々な願いを成就する縁起物です。その中身も手間ひまかけた逸品「笹巻けぬきすし」が、結婚式の引き出物にも利用されるのも納得できます。

一)鯛(小鯛)
魚は三枚におろし塩漬けし1日、出た汁をすてます。その後、酸度の高い一番酢に漬けて1日しめます。次に骨を抜き、酸度の弱い二番酢に3~4日漬けます。酸味の利いた独特の風味のタネは、こうして手間をかけて作られます。

二)コハダ
現在の江戸前握り寿司でもお馴染みです。強めの酢でしめられた光り物は美味ですが、何日もかけて仕込みされたこのコハダの風味は、酸味が強いというだけでなく深みがあります。

三)海老
海老は生きた小さい車海老(サイマキ)を使い、砂糖を少し加えた甘酢につけて使います。車海老の風味や食感を活かす仕込みです。

四)おぼろ
甘くいった魚のそぼろです。このタネだけは甘いです。良く考えられています。好みのタネから食べるのですが、酸味が続く途中のこの「おぼろ」の甘さがまた良いアクセントになるのです。

五)玉子
この玉子も個性的です。甘くはないです。軽く醤油で味付けされた薄焼きの玉子でシャリをくるっと包んであります。おぼろがあるので甘くなくて良いです。

六)かんぴょう
他では食べることができない「かんぴょう」です。一般的に知られる甘からく濃いめの味付けのものも美味しいですが、醤油で煮られ、しっかりと食感を残した甘くない「かんぴょう巻き」も味わい深い逸品です。

七)あわび
基本の7色のうち、光り物と白身魚は、その季節によって旬の素材に変わります。この折り詰めでは、あわびです。さわら、あじ、さより、青だい、わらさ、かんぱち、白魚、貝柱など、必ず旬の素材を加えて7色のタネを折り詰めにしてもらう。笹巻きから何が出てくるのか、ちょっと楽しみです。

「毛ぬきすしかんだ祭りにきてさかす」
水原秋櫻子(みずはら しゅうおうし)

1892年(明治25年)神田神田猿楽町の産婦人科の息子として生まれた俳人・水原秋櫻子が詠んだ句からは、神田祭と毛ぬきすしへの愛情をみることができます。

唯一残った、江戸三大すしの一つ「笹巻けぬきすし」。
今、13代がこの味を守っています。
江戸時代の素朴にして洗練された「粋」なすし。
暑中でも保冷無しでお家へぶらさげて。
上等な折り詰めのお土産を見つけました。

笹巻けぬきすし総本店
住所 東京都千代田区 神田小川町2-12宇田川ビル1F
駅・アクセス 都営新宿線 小川町駅 徒歩2分
営業時間 月~金 9:00~18:30
土 9:00~17:00
ランチ営業
定休日 日曜・祝日

カテゴリー
食べ物

秋葉原》『やっちゃやっちゃ』が聞こえてきそう。昔ながらの大衆食堂「かんだ食堂」で腹ごしらえ。

JR秋葉原駅 電気街口を出て右に直進します。秋葉原UDXの手前を左折し、建物に沿うように歩きます。歩くこと約1分で「かんだ食堂」が見えます。

レモン色の庇(ひさし)に「アキバの老舗 かんだ食堂」と書かれています。「だ」の文字はおそば屋さんやお寿司屋さんの暖簾(のれん)で目にする「変体仮名(へんたいがな)」ですね。平仮名はもともと一音に対していくつかの「字体」があったのですが、1900年(明治33年)の「小学校例施行規則」以降、教育で使用されなくなった仮名があります。これらの総称が「変体仮名」。定食屋さんで使われているのはちょっと珍しい。アルミの引き戸や紅白の提灯(ちょうちん)が昭和レトロな装いです。

かんだ食堂の創業は1958年(昭和33年)。この一帯が青果市場として賑わっていたころから食堂を営んでいます。江戸時代、各地の商人をこの地域に呼び集めて繁栄したという神田市場。明治・大正・昭和と東京の食文化を支えた巨大市場の一角で、かんだ食堂は市場で働く人々のためにできたそうです。

神田区多町、江戸末期。人々が道ばたで商売をしています。当時は『やっちゃやっちゃ』と威勢のいいかけ声が競り市場のあちらこちらから聞こえたそうで、「やっちゃ場」とも呼ばれました。1923年(大正12年)多町の市場は関東大震災により消失、外神田(秋葉原UDXの辺り)に移転しました。その後も東京の台所として繁栄を続けましたが、1990年(平成2年)大田区に役目を託し、神田市場の歴史は幕を下ろしました。
※「写真の中の明治・大正」

かんだ食堂のメニュー。とんかつ定食や焼き魚定食などの王道メニューはもちろん、ニラレバー定食やナスみそ定食なども取り揃えています。その日の気分によって、食べたいものをチョイスできるのは嬉しい。

納豆や目玉焼きももちろんありますよ。焼き魚定食+煮物、カレーライス+目玉焼き、まぐろぶつ切定食+とろろ…組み合わせ方は人それぞれ。そういえば、厚焼玉子って定番おかずなのに、定食屋では意外と見ないですね。

店内は昔ながらの大衆食堂。左手にカウンター8席、右手にテーブル24席。こじんまりした店内ですが人手が多く活気があります。私たちが訪れたのは12時前。昼の繁盛に備え、厨房越しのカウンターには料理がズラっとならびます。見たところ、客層はサラリーマンが中心。

スタッフ2人で、人気メニューの「豚生姜焼定食」と「ウインナー炒定食」を注文。注文からわずか2分ほどで料理がでてきました。注文したら美味しいご飯がサッとでてくる。今では普通ですが、昭和の時代はどうだったんだろう。このスピード感はドタバタした市場にはピッタリでしょうし、普段はファーストフードばかり、という現代人にとっても嬉しいポイント。

豚生姜焼定食。かんだ食堂の定食は “味とボリュウム” がコンセプトとのことで、お皿に盛られた豚肉は溢れんばかり。

お皿の底にタレがひたひたと溜まっているので、肉をくぐらせていただきます。

肉は厚く、しっかりとした噛みごたえ。味付けは奇をてらったものではなく、思い描く “生姜焼” そのもの。でも、こんな昔ながらの生姜焼って逆に珍しいのかも。

ウィンナーファンには「ウインナー炒定食」。ウィンナー8本ですよ。こんな贅沢、子供の頃には考えられなかったですね。

油でコーティングされたウィンナーがキラリ。見るからに香ばしい。

ウィンナーってたくさん種類がありますが、これはプレーンなタイプ。なじみ深い “庶民の味” だけどどこか違う。大衆食堂の空気感がウマさを後押しします。味付けは至ってシンプルに塩。ご飯にのせていただけばもちろん美味しい。

かんだ食堂は日が暮れると居酒屋に。仕事帰りに焼き魚とビールで一杯、シメに丼ものをがつがつ、なんてことができるのも大衆食堂ならでは。

平成2年。やっちゃ場は大田区へ移転し、かんだ食堂の周辺はガラっと変わりました。
それでも「腹が減っては戦はできぬ」は今も昔も変わらず。
ここ一番を前に、元気をチャージ。
そんな気分の日は活気あふれる「かんだ食堂」がおすすめです。

かんだ食堂
住所 東京都千代田区外神田4-4-9 前川ビル 1F
駅・アクセス JR秋葉原駅 徒歩6分
営業時間 月〜金
11:00~15:30
17:00~22:30

11:00~18:00
定休日 日曜日、祝日

カテゴリー
食べ物

東京》グリコの出来立てお菓子が食べられる「ぐりこ・や Kitchen」。生チョコのように繊細で滑らかな口当たりの「アーモンドチョコレート」は、2時間かけて作られています。

東京駅八重洲地下中央改札を出ると、東京駅一番街に入るとすぐにある「のぞみ広場」を通ると「東京おかしランド」に出ます。
「東京おかしランド」は、江崎グリコ、森永製菓、カルビーという日本を代表するお菓子メーカーのアンテナショップが一同に集結した、日本初のゾーン。
工場を模したキッチンで出来立てのお菓子を食べることができたり「東京おかしランド」限定の商品も豊富に揃っています。

江崎グリコの「ぐりこ・や Kitchen」は、全国に17店(2016年11月現在)展開しているアンテナショップ「ぐりこ・や」に、お菓子を作る設備(=Kitchen)を併設したお店。 2012年(平成24年)にオープンしました。現在は、ここ東京駅店と新大阪店の2店舗のみ。限定アイテムも揃っています。

グリコを代表するお菓子は沢山ありますが、中でも「ポッキー」は、1966年(昭和41年) に発売されて以来の不動の人気商品。
元々、当時すでに人気のあった「プリッツ」に、チョコレートをコーティングしたお菓子として考案された「ポッキー」。持ち手部分を作ることで、歩きながらでも手を汚さず食べれるとして、発売直後から爆発的人気となりました。

数多ある「ポッキー」のシリーズですが、「ぐりこ・や」で絶大な人気を誇るのが「ジャイアントドリームポッキー」です。

一箱で5種類の味のアソートが楽しめる「ジャイアントドリームポッキー」。定番のチョコレート、つぶつぶ苺に加え、抹茶、メロン、ぶどう味が入っている、まさに夢のようなポッキーです。
個別包装になっているので、お土産にもぴったり。

「ポッキー」と並ぶ看板商品の「プリッツ」は、1963年(昭和38年)誕生。ドイツ発祥の焼き菓子“プレッツェル”からヒントを得た「プリッツ」は、初期は「バター味」のみでしたが、現在では「ポッキー」同様、様々なフレーバーが存在します。「東京もんじゃ味」の「プリッツ」は、首都圏限定の味。

他にも「コロン」、「ビスコ」、「アーモンドグリコ」、「ビッテ」などの定番の人気商品はもちろんの事、「ぐりこ・や」限定の「グリコのキャラメルクリーム」と「アーモンドチョコレートクリーム」も。とろりとしたテクスチャーで、直接パンに塗ったり、料理に使ったりする事ができる新感覚のスイーツです。

キッチンを併設した、「ぐりこ・や Kitchen」ならではの「ローストアーモンド」。東京駅店限定商品です。専用ロースターで、カリッと香ばしくローストされた出来立てを食べる事ができます。味は、プレーン、塩、ペッパーの3種類。おやつやお茶うけにはもちろんの事、お酒のおつまみにも◎

さらに「ローストアーモンド」をチョコレートでコーティングした、ココア仕上げの「アーモンドチョコレート」も店内で作っています。

このように、2時間かけてアーモンドにチョコレート吹きかける為、1回の製造に約2時間半ほどかかるそう。1日2~4回ほどのサイクルで稼働してます。
ガラス越しに出来上がっていく様子を見るのは、とてもワクワク♪

出来立ての「アーモンドチョコレート」。軽やかな歯ごたえのローストアーモンドを、生チョコのように滑らかなチョコレートが包んでいます。そこに、ほろ苦いオランダ産のココアパウダーがかかっており、市販の「アーモンドチョコレート」とは趣が異なるとても上品な仕上がりです。

「カプリコルネ」、通称”生カプリコ”も「ぐりこ・や Kitchen」東京駅店限定。生チョコレートとホイップクリームをミックスした、ふわふわでとろける様な食感のワンハンドスイーツです。イートインコーナーで一休みしながら食べる事ができます。

「アーモンドクラッシュポッキー」がスプーン代わり。ムースの様に軽いクリームを、ポッキーですくって味わいます。ふわっとした口どけと、カリッとしたポッキーの食感の層が折り重なり、絶妙な美味しさです。

普段なかなか食べることのできない、グリコの出来立てのお菓子。じっくりと時間をかけて出来上がる「アーモンドチョコレート」や、ここでしか買えない限定商品を吟味したり、市販のものと食べ比べるのも◎。大人から子供まで、楽しめる事間違いなしのスポットです。

ぐりこ・や Kitchen 東京駅店
住所 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街 地下1階 東京おかしランド内
駅・アクセス JR 東京駅直結
営業時間 9:00~21:00
定休日 無休