カテゴリー
寺社仏閣

浅草》1000年以上の歴史『今戸神社(いまどじんじゃ)』はあっちこっちに、ねこ、ネコ、猫…??!。素敵なご縁の拠り所。

東京メトロ浅草駅から隅田川沿いに江戸通りを歩き、台東リバーサイドスポーツセンターを目指します。スポーツセンターの前にある三叉路の真ん中の道を行けば、今戸神社の鳥居(とりい)が見えてきます。

今戸神社は1063年(康平6年)に源頼義(みなもとのよりよし)・義家(よしいえ)親子が、京都の石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)から神様を分けてもらい創建されました。

ご祭神は「伊邪那美命(いざなぎのみこと)」と「伊邪那岐命(いざなみのみこと)」。国を生み、さらに数々の神様をも生んだご夫婦です。
また日本最古の天皇と言われている應神天皇(おうじんてんのう)もご祭神の一人。

浅草名所七福神(あさくさなどころしちふくじん)の一人「福禄寿(ふくろくじゅ)」も祀られています。年齢が数千歳という仙人のようなおじいちゃんの神様で、「福=幸福」「禄=生活・経済の安定」「寿=健康にして長命」という3つの福徳を授けてくれます。

003_r
神様ばかりではなく、「猫」も超有名な神社です。幸せを運んでくれる「招き猫」のルーツもここ、今戸神社にあるという説も。

こんな重鎮たちが見守ってくれている神社です。

鳥居をくぐって一番に目を引くのは、大量に結ばれた絵馬、絵馬、絵馬…
身体を清める場所であるはずの手水舎(ちょうずや)にまで、視界いっぱいの絵馬が結ばれています。これだけたくさんのお願いを叶えるなんて、神様も大変です。

珍しいまんまる絵馬。「角が立たないように」という意味を込めてこの形なんだそうです。絵柄ももちろんペアになった招き猫。

少し奥まったところに本殿があります。

大きな招き猫とご対面。

右手を挙げている猫はオスで金運や幸運を招き、左手を挙げている猫はメスで人(お客様)を招くとされています。

耳よりも高く手を挙げている…つまりより遠くの福や人を招いてくれるそう。よりよい縁を結んでくれそうですね♪

そして見てください。中央に「福禄寿」のおじいちゃんもしっかりと鎮座していらっしゃいます。とっても穏やかなお顔をしています。

平日でもちらほらと参拝に来ている人がいます。女性が多めですがもちろん男性もいます。私ももちろん気合いを入れてお参りしました。

本殿脇には、「石なで猫」のナギちゃんとナミちゃんです。なでなでした後にこの猫たちの写メを携帯の待ち受けにし、毎日お祈りすると願いが叶うそうです。

社務所(しゃむしょ)に続く道にも猫がいます。しかもこんなにたくさん!可愛さについつい足が止まります。

広々とした敷地の中で、みっしりと猫が密集した不思議な幸せ空間となっています…(ฅ`ω´ฅ)♡

ここで招き猫のルーツになった逸話の一つをご紹介。

江戸時代。
この界隈に住んでいたおばあちゃんが、貧しさから泣く泣く一緒に暮らしていた猫ちゃんを手放したところ、その日の夜夢枕にその猫ちゃんが。

(●ↀωↀ●){オレの姿を人形にしたら運気アップ☆だにゃー〕

おばあちゃんは地元の土を使い、早速猫ちゃんの今戸焼き人形を作成。あまりにも可愛かったためか、それを浅草神社で売ったところ爆発的ヒット!その後は幸せに暮らしましたとさ。
きっと猫ちゃんも帰って来て、また一緒に暮らせたのでしょう。めでたしめでたし♪

ここから、猫の像を作って祀ればいいことが♪と評判になったそうです。

お守りや置物も、もちろん猫!
スタッフが授与してもらった置物たちは、どんな幸福を運んでくれるのでしょう。

猫推しの今戸神社ですが、まだまだ話題は尽きません。

本殿脇、社務所とは逆方向に「今戸焼き発祥の地」と「沖田総司(おきたそうじ) 終焉の地」の碑があります。
実は日本の幕末を語るのになくてはならない存在である新撰組幹部の一人、沖田総司までもこの地に縁(ゆかり)がありました。

病(やまい)を煩っていた(わずらっていた)彼を看ていたのが、この地に住んでいた松本良順(まつもとりょうじゅん)医師。必死の治療の甲斐なく、沖田総司は労咳(ろうがい)で亡くなりました…

私たちの縁を結び、幸福を招いてくれる「今戸神社」。もちろん狛犬もいるのですが、ここでは「猫」が圧倒的存在感をほこります。

可愛らしい招き猫に心もほぐれ、
ついつい笑顔に。
そんな穏やかな笑顔が
人と人との出会いをつなぎ、
思わぬところから
素敵なご縁につながるのかも…♡

今戸神社
住所 〒111-0024 東京都台東区 今戸1-5−22
駅・アクセス 東京メトロ浅草線・銀座線 浅草駅
営業時間 社務所受付時間:9時〜17時

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です