トレインミュージアム(下御隠殿橋)と御殿坂について

JR日暮里駅の北口を出てすぐに「下御隠殿橋(しもごいんでんはし)」が架かっていますが、ここが別名トレインミュージアムと呼ばれる場所であり、14路線・20種・2,500本の電車を見ることができます。
橋には電車のプレートがかかっていました。

多くの種類の電車が見られるということで電車見学スポットとして有名であり、子供連れで来ているファミリーも多くいらっしゃいます。

下御隠殿橋(トレインミュージアム)からの風景

バルコニーが設置されているのでどなたでもゆっくり楽しむことができ、写真も撮れます。
電車が好きな方もそうでない方も楽しめるのでもし日暮里に行く機会があればぜひ立ち止まってみてください。

御殿坂と歴史

このトレインミュージアムを渡って西に行くと御殿坂があるのですが、まず下御隠殿橋の歴史を簡単に見ると、昭和63年と昭和の終わりに架け替えが行われており、その際に景観・眺望に優れた橋として建設されており、この地域には多くの歴史的場所(神社仏閣や文学碑など)があり、こうした風情あるものに配慮して架けられた橋となります。

この地には歴史的な場所や背景があるところもあるので、電車を楽しみつつ散策してみてはいかがでしょうか。